ヘルニア 入院日誌 その7

ヘルニア 入院日誌 その7

手術日。麻酔とは掛かる時も掛かったあとも恐ろしいものだ。
とにかく術後が二日間つらく、日誌更新どころではなかった。
いずれ、改めて、思い出しながら書くことにする。

2015/10/14

06:30 起床 頭痛は消えていないようだ
06:46 体調測定 普通 トイレ一度目の大 昨朝を考えたらまだ出るはず
07:15 朝食のコール 自分には関係なし 匂いに気分悪い
08:10 ふと女を思い出して勃つ。なぜいきなり
09:00 二度目。ガスばかりであまり出ない、そう言えば昨昼昨晩はあまり食べなかったか
11:10 血栓防止ソックス、点滴開始
11:30 点滴 四回目で成功 ゲージを細くして対応
12:00 移動 12:10に手術室着予定 一旦停止
12:15 オペ室前室、担当医や麻酔科と話す横になり移動
12:20 心電図など付け麻酔開始、意識消失
    目覚める喉痛い吐き気震え。尿道痛い。多数の違和感抱え帰投

18:00 変な姿勢ながらこれを書いている
18:30 マスク外す、気持ち悪い吐きそう、枕もらう有り難い、音楽聞いて寝よう
時刻不明 一瞬の睡眠から目覚め。時の流れが遅い。陰部の痛みと違和感が激しく目眩で朦朧、呼吸が浅く真面目に死を考える。一夜ナースコール連打。そうやって明け方まで震えて半泣きで過ごす

記事のシェアをお願いしますm(_ _)m

コメント欄

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です