ヘルニア 入院日誌 その8

ヘルニア 入院日誌 その8

今日は午前〜午後でかなりの体調変化。生きている事に感謝するくらいひどい一夜だった。

2015/10/15

朝方 嗚咽頭痛目眩吐気悪寒陰部痛違和感創部痛が止まらずナースコールで迷惑ばかりかける。

痛み止めを本来より早めに処方してもらう。

パンを一欠片かじったがダメだった。

しばらくして何故か陰部痛が収まり、疲れが一気に出てしばらく気絶。

昼 麻酔科やらリハビリ科やら薬剤師やら手術医師やら色んな人に睡眠を妨げられる。

看護師も夜勤交代や別の人が時より来るため同じことを何度も聞かれ何度も説明した。

昼食。おにぎりをひとつかふたつ食べた。初めての摂取だ。お腹が驚いている。

創部炎症の影響で微熱が出てきた為、痛み止め+アイスノン。

体を拭いてもらう。陰部洗浄が痛かった(稀に気持ちよかった)

夕 夕食がヒレカツや炊き込みおにぎり。重たいが意外に食べられた。消化しにくいのか、お腹のガスで腹痛。体は右下にする方が胃によいというが、自分の場合、左下になるほうがガスやゲップの出が良い事に気づく。

夜 輪違屋糸里(下)を少し読む。まだ微熱感や増えてきた創部痛で辛いが昨日を思えばかなりマシ。

その後、昼に結構休んだので寝られるか心配だったが、翌朝五時までなんとか寝られた。

記事のシェアをお願いしますm(_ _)m

コメント欄

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です